ある産婦人科医の備忘録

産婦人科医(医師6年目)の臨床、研究、考えについて

臨床

産婦人科医が膣分泌物のグラム染色をしてみる~細菌性腟症~骨盤内炎症性疾患~などなど

(引用: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E6%9F%93%E8%89%B2) 産婦人科医が自分でグラム染色をすることは自分の周りでは稀である.稀というか,見たことがない. 初期研修医のときは内科でよく喀痰のグラム染色をしていました(懐…

若手医師による臨床技能・フレームワークまとめ

医師6年目に到達した自分がこれまでに学び、経験してきたことから 積み上げ、精錬した臨床技能・フレームワークまとめてみる。(大袈裟) 初期研修医のときにとある内科医から教えていただいたフレームワークが今も役立っている。 フィジカル/メンタル/ソー…

抄独会:34w~ 脳性麻痺のCTG解析/Fetal heart rate pattern in term or near-term cerebral palsy: a nationwide cohort study(Am J Obstet Gynecol. 2020 Dec;223(6):907.e1-907.e13.)

(抄読会の無い病院勤務のため,独り抄読会をと思い始めてみました.) (解釈は個人の見解であり,誤りがあるかもしれません.その場合はご指摘ください.) 第1回目:脳性麻痺児の分娩時の胎児心拍陣痛図を解析した研究 この領域で大規模なもので本邦から出ているも…

あえて書こう、切迫早産に対するリトドリン治療について EBM(experience based mediciene)

あえて書こう、切迫早産に対するリトドリン治療について 日本では数多くの施設で切迫早産に対して ①長期入院 ②安静 ③長期のリトドリン点滴 を行っている 果たして本当に正解なのであろうか? もちろん早産は子供にとって避けるべき事象である 呼吸状態は悪く…